【防虫ネット通販サイト】コナジラミやアザミウマなどの微細害虫専用の防虫ネット

お電話・ファックスからの注文はこちらから

電話:050-5896-1119

受付時間 月〜土/9時〜12時・13時〜17時

FAX用注文用紙はこちら

スタッフブログ

2021-11-22 20:27:37
皆さんこんにちはsun

1ヶ月ぶりの更新となります。
明日からは大荒れとの予報も出ていますが、冬支度はお進みでしょうか?

今日は冬の作物にピッタリのAJメッシュシート活用アイデアについてのご紹介です。
 

【霜・野鳥対策に】冬でも大活躍 AJメッシュシート


夏は害虫対策に抜群の効果を発揮したAJメッシュシートですが、
冬には鳥対策で活用できます!

社員さんの農園では、虫がいなくなったからとAJメッシュシートを外してすぐに
白菜の真ん中の柔らかい所だけ野鳥の被害に遭ってしまったそうですsweat01

そこで現在は、霜よけも兼ねて AJメッシュシートを被せて頭を縛っているそうです。
ベタ掛けするだけでも鳥害対策には大丈夫だとか。

ぜひ、お困りの方がいらっしゃいましたら一度試してみてください happy01


 
2021-10-07 13:02:14
皆さんこんにちはsun

寒暖差が激しいですが、一段と秋らしい季節となってきました。
皆さまの菜園ライフはいかがでしょうか?

今回は、ソフト寒冷紗の活用法についての試験の様子をお届けします。


 

【ソフト寒冷紗】播種の際の活用アイデア


家庭菜園を楽しむ社員さんの一言から試験は始まりました。

社員さん
「たねまき後に遮光資材を使って目出しを早くすることがあるんだけど、
芽が遮光シートを突き抜けちゃうからシートを取り外すときに引っかかっちゃってもったいないんだよね」
「ソフト寒冷紗だと目が細かいから突き抜けないんじゃないかな?」

↓ 数日後

社員さん「今のところは、予想の通り良い感じ。」

  
(写真左 10月1日:播種直後   写真右10月6日:目出し後  作物:リーフレタス)

継続して観察していくとの事です。
また次回、結末についてご報告します!
2021-09-08 12:35:20
みなさんこんにちはsun

近年、地球温暖化の影響か各地で大雨が問題になってきていますね。
先週は大野市でも強い雨が何日か降り、その後いきなりの秋の訪れに少々驚いています。

秋の近づきと共に、稲穂の刈り取りや”秋野菜”の準備はみなさんお進みでしょうかsign02

今日はAJメッシュシート愛好家(大阪在住)の方から届いた声をお届けしたいと思います。


★ Topic ★

「AJメッシュシートを張っていたおかげで、大雨時に種が流れずに済んだ」


秋の各種野菜(ダイコンや白菜、キャベツ、小松菜、ブロッコリー等)の播種時期になりましたが、
大雨や豪雨により播種した種が台無しになることがあります。

新芽時期の防虫対策を目的として、
播種直後からAJメッシュシートを使用していたところ、先日の大雨に当たりました

雨上がりに、播種後の畑の様子が心配になり見に行くと、
AJメッシュシートによって雨が分散されたためか、
播種後の 土の表面が雨によって大きく荒れておらず、蒔き直しの手間がとても少なくなりました。

AJメッシュシートおかげで、強い雨が柔らかい土面に当たらず、土を跳ね上げなかったのだと思います。

いつもは、アブラムシ対策として気に入って使用していましたが新しい発見でした。
降雨後の乾燥も早く、育成には影響が出ず良かったです。



大雨後の様子です。
大雨の際には、シートの目の細かさによって表面に膜が張ったようになり、
強すぎる雨を遮ることができています。(雨上がり後はすぐに乾いて、目合いが復活していました。)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>