【防虫ネット通販サイト】コナジラミやアザミウマなどの微細害虫専用の防虫ネット

お電話・ファックスからの注文はこちらから

電話:050-5896-1119

受付時間 月〜土/9時〜12時・13時〜17時

FAX用注文用紙はこちら

スタッフブログ

2020-02-20 11:24:23

花粉が飛び始めていますが、皆さんは大丈夫ですか?
 
まだ飛散量が少ないとされている福井でも、私は1週間ほど前から鼻がムズムズしています。
コロナウイルスでマスクが品薄の中、花粉症の時期とも重なって、ツライ時期です…
 
今シーズン、東京ではピークの時期が長いとされていますが、
全国的にみると、飛散量は例年よりやや少ない見込みとのこと。
理由としては、前年の夏に気温の低い日が多かったほか、日照時間や降水量など、
花粉の発芽が形成されにくい気象条件だったことが関係してくるとのことです。
 
とは言っても、花粉症をお持ちの方にはツライ症状!
すでにピークに達している地域も多いですが、
花粉症の薬を服用する場合は、早めに飲み始めた方が予防効果が高くなるみたいですので
これからピークを迎える地域の方は、今のうちから服用しておいた方が良いかもしれませんね!
 
花粉の飛散量を、地域ごとに分かりやすく教えてくれるので参考になさってみてください↓

■アレジオン 2020年花粉情報
https://www.ssp.co.jp/alesion/hayfever/forecast/
 
 
 

【そろそろ虫が顔を出すころ。早めの害虫対策を!】


さて、春が近づき、そろそろ害虫対策も必要な時期ではないでしょうか。
特に今年は暖冬の影響もありますので、早めの対策をオススメします。
 
今回は代表的な害虫である「アブラムシ」に関して、有効な対策方法をお伝えしたいと思います。
 
アブラムシの繁殖時期は3〜10月に多く見られますが、特に4〜6月、9〜10月に繁殖します。
越冬した成虫が春に増殖して、さらに数を増やします。
 

 

・アブラムシによる被害について


アブラムシの被害は、下記の2つがあります。

1. 直接的な被害
 株に口針を刺し、樹液を吸いますので、群れで寄生すると栄養がどんどんと奪われて、衰えてしまいます。
 また、寄生された植物は、葉が丸くなる、縮小するなどの奇形の症状も見られます。
 
2. 間接的な被害
 ウイルスに感染している植物に寄生したアブラムシが病気を媒介します。
 例えば「すす病」を例にすると、植物体に黒いすすを被ったような症状が現れて葉の表面を覆ってしまう為、光合成を妨げて、成長を悪くしたり、作物の商品価値が落ちることになってしまいます。

 

・無農薬でできるアブラムシの駆除方法


1. 防虫ネット
 物理的にアブラムシをシャットアウトする方法で、なるべく薬剤を使用したくないという方にオススメです。
 但し、アブラムシの体長は小さいものだと0.5mmのものも存在しますので、目合いの細かな防虫ネットが必要です。
 
2. 畝に銀色のテープを設置する
 アブラムシは反射光を嫌うので、シルバーマルチを敷いたり、銀色の光反射テープを貼るのも有効です。
 
3. 黄色の捕虫テープを設置する
 アブラムシは黄色に寄ってきますので、捕虫テープを畝の周りに設置しておくと作物への被害を防ぐことができます。  

 

・無農薬でできるアブラムシの駆除方法


1. テープを利用する
 地道な方法になりますが、マスキングテープなどの粘着力が弱めのテープを使ってアブラムシを取り除く方法です。この時に、テープで植物を傷つけないように気を付けてください。
 
2. 牛乳や石鹸水を吹きかける
 牛乳の場合、そのままか 水で薄めます。石鹸水の場合、500ml のペットボトル1本に油を2、3滴入れ、台所用洗剤も同等の量を入れます。そして、霧吹きに入れてアブラムシに吹きかけます。窒息死させる方法ですが、晴れた日の午前中に行うことをお勧めします。
 また、牛乳の場合は臭いが気になる場合もありますので、周りの環境によって使い分けをおすすめします。
 いずれも吹きかけた後は、植物に影響が出ないように、しっかりと液を洗い流してください。
2020-02-04 16:18:06

今日2月4日は「立春」sign01

ここまで冬らしさを実感しなかった季節は初めてなのではないでしょうか?

今年の冬は、全国各地で「雪不足」。
スキー場が運営できない、除雪業者に仕事が無い、春の水不足が心配、など
様々なところに問題が出ていますが、天候に左右される農業への影響も大きいですね。

気温が高いため、野菜が育ちすぎて廃棄されてしまう事も起こっているそうです。

また、野菜が多く出回っていることから、野菜の価格が下がっていることも農家の方を苦しめています。
 
実際、私も巨大な大根を頂き、気候の影響の大きさを改めて実感しました。
(片手では持ちきれない程の大きさでした!右にあるのは一般的な大きさの包丁です)

冬野菜

 
また あるラジオで、北海道の方が話をされていたのですが、
雪が無いと、地中深くまで土が凍ってしまい、
春先に植物が根を十分に張れないことを懸念されていました。

雪が積もることで、マイナス10℃〜マイナス20℃の冷たい空気が触れることなく
土の表面温度が0℃に保たれますが、
雪がないと、もろに冷気に曝されてしまうとのことでした。

 
ここ何年も異常気象が叫ばれていますが、自然には逆らえない中で、
どのように適応していくのか、考えさせられる課題ですね。
 

また暖冬の影響で、虫の発生時期が早まることが予想されますので、
今シーズンは、早めに防虫対策をされた方が良さそうですよ rock

 
2020-01-10 13:17:08
 
あけましておめでとうございますfuji 2020年の幕が明けましたね。

2013年に東京開催が決まってから、「まだまだ先…」と思っていましたら、

あっという間にオリンピックイヤーになりました。

皆さん、チケットは当選されたでしょうか?

私は今のところ「すべて落選」ですが、まだチャンスはありますので諦めずに行きましょう!

 


 

・ところで必要な食材はどこから?

 
オリンピックでは205の国や地域から、約12,000人以上のアスリートが参加予定とのこと。
 
世界各国のアスリートが宿泊される選手村では、開催期間中に 約1500万食が必要とされています。
 
 
しかし、選手村で提供される料理に、国産の食材が使えないという懸念があることをご存知でしょうか?

 
これは、東京オリンピック開催時に提供される食品に「GAP

(Good Agricultural Practices=農業生産工程管理)

と呼ばれる調達基準が設けられているためです。

 
簡単に説明すると、「安全な農産物を生産するための認証制度」です。
 
日本ではあまり取得が進んでおらず、オリンピックの食材として提供できないものが多いそうです。

 
開催地にも関わらず、自国の食材が使われないのは寂しいですよね。。


※GAP認証とは?(参考:農林水産省)
https://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/g_summary/
 
※これから始めるGAP(参考:農林水産省)
http://gap.maff.go.jp/

 
 

 

・GAP認証を取得することのメリットとは

 
オリンピックに限らず、GAPを取得することで以下のメリットがあります。


〆邏伴蟒腓良現牴修筝率化が図れ、食品の安全性が確保されるようになる。

➁労働者の安全と人権を守り、農業経営の効率化に繋がる。


 
いずれも農産物を生産する上でとても大切なポイント
で、農家さんの収益向上に繋がります。

また、これを取得することで、スーパーなどに優先的にの産物を卸すことが出来る場合もある他、
 
輸出促進にもつながります。

 

また言うまでもなく、働く人の安全が守られていることも非常に大切です。


あまり認識されていないように感じますが、建設業よりも農作業中の死亡事故の方が

2倍以上高い 事をご存知でしょうか。

その半数以上が、トラクターなどの大型機械の下敷きになってしまうケースです。
 
全国で1年間に死亡する人は300人以上という報告もされています。

※NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012239911000.html?utm_int=news_contents_tokushu_004
  
GAPをきっかけに、こうした事故も減らせると言われています。
 


今回、オリンピックイヤーと重ねて、「GAP認証」のお話でしたが、

説明されているページのリンク貼ってみましたので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>